香典返しでお礼を

畳の上の木魚

香典とは、仏式での通夜、葬儀の際に参列者が霊前にお供えする不祝儀のことです。選考やお供え物の代わり、また急な出費を助けるという意味もあります。香典をいただいた方には、香典返しといってお礼の品物を送る儀式があります。香典返しを送るタイミングは、四十九日の忌明け後になります。無事に四十九日法要を済ませることができた、という報告を兼ねる、お礼の贈り物というわけです。忌中が3ヵ月に渡ってしまう場合は、三十九日法要をもって忌明けをするときもあります。 香典返しの相場は、半返しといって香典金額の約半分をお返しする場合が多いです。また、品物には直接お礼を伝えられない代わりに、挨拶状を添えて送るのが通例になっています。

香典返しの品物は、実用的なタオルや洗剤などの日用品や、お茶やお菓子、乾物など消えてなくなるもの、好き嫌いの少ないものなどが良いとされてきました。ただ、好みは年齢層によって変化するので、定番が好まれるというわけではありません。 最近の香典返しの人気は、カタログギフトです。もらった相手が好きなものを自由に選んで注文することができるというものです。お返しする方も、年齢層や好みに合わせて品物を選ぶ必要がなく、さまざまな予算設定のカタログも用意されているので、選びやすいというメリットがあります。生活雑貨や食品、おもちゃや食器など品物のバリエーションも幅広いので、もらった相手も満足度が高いというところがおすすめです。