まずは相談から

喪服を着た女性

散骨を希望している場合、いくつかの注意すべき点がありますので心がけるようにしましょう。まず、散骨とは、遺灰を海に撒いたり、山に埋めたりすることですが、行政によって定められている地域でしか許可されていません。そのために、散骨を受け付けている寺院もしくは葬祭場に相談をすることが大切です。 また、故人が散骨を希望していても、身内や親族が反対する可能性があります。そのために、生前に遺書を残したり、周囲に知らせておくことによって、散骨が実現できるように働きかけることが大切です。 さらに、遺族が沖に船を出したり、山を登ったりするケースが多々あります。遺族に対して、肉体的、経済的な負担がかからないように考慮しましょう。

遺骨を墓に納めることが一定のベースとなっていましたが、散骨という新たな選択肢が普及してきています。以前までは、散骨は死体遺棄に関する法律に抵触する可能性があると懸念されてきましたが、節度を持った散骨は問題とはならない、という見解が確立されてからは、多くの方が利用しています。 しかし、散骨をする際にはいくつかの注意点があり、それらを守る必要がありそうです。まずは、遺骨をそのままの形で散布してはいけないということです。そのために、遺骨と判別できない程度に粉末状にしなければなりません。その上で環境問題に配慮しながら、他人の敷地に関する問題をクリアする必要があるでしょう。 散骨を行うという選択肢は、墓の管理の問題などを考慮しても画期的です。しかし、その際には、故人の尊厳のためにも、最低限のルールは守るべきでしょう。